野焼きによって黒く染まった草千里

観光
こんにちは!おにおんです(◦ˉ ˘ ˉ◦)

今回は熊本の春の風物詩の1つ「草千里の野焼き」の紹介です!

野焼きとは牛や馬の放牧地となる草原の枯れ草を燃やし、新芽が生えるのを促すとともに害虫を駆除する作業(新春に行うため春の風物詩の1つになっています)
今年は天候不良(雨の影響等)で野焼きが4回延期
今日もギリギリまで実施するか微妙な天気でしたが、なんとか天気が持ちこたえてくれました

野焼きの様子も録画してますので宜しければこちらもどうぞ♪

↓↓草千里の場所はこちら↓↓

住所:熊本県阿蘇市 草千里ケ浜
駐車場:有り(有料)

駐車料金は車種によって変わります
草千里内での注意書きや

ドローン禁止の看板

野焼きの火や煙に巻き込まれないよう避難させられます

阿蘇山の噴火状況はこんな感じ

スタッフが烏帽子岳ふもとまで行き・・・

草にガスバーナーで火入れ

烏帽子岳側は草が大きく伸びてないので、火はゆっくり広がります

展望台側の火にやられたくない植物には事前に散水

草が大きく伸びていた展望台側は大きな火に成長し、周りの枯れ草をつつんでいきました
途中から雨が振り始めましたが、烏帽子岳側も

展望台側も黒く染め上がりました

最後に火入れを行われた阿蘇火山博物館周辺は、雨で燃え広がらず途中で撤退されました
いかがだったでしょうか?
今はこの野焼きにより阿蘇の殆どが真っ黒に染まっています
しかし1ヶ月もすれば草原が緑色にリセットされるので、今の時期にしか見れない真っ黒な阿蘇を見に行ってみてはいかがでしょうか?
もし次回野焼きを見学される方は、温かい格好はもちろん、煙に巻かれても大丈夫な服装で行くことをオススメします(*^^*)
タイトルとURLをコピーしました