【南阿蘇村河陽】2021年3月7日についに開通!新阿蘇大橋

観光

こんにちは!おにおんです( ̄U ̄)ゞ

今日は2016年11月から工事を始め、24時間態勢の施工によりようやく開通した「新阿蘇大橋の紹介です

※VR写真なので画像をスワイプすると、好きな箇所が見れます

※訪問日:2021年3月8日(月)

訪問日:2021年3月14日(日)に再訪問し写真を追加・変更してます

↓↓新阿蘇大橋↓↓の場所はこちら

住所 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4369−16
駐車場 有り
トイレ 有り

休憩所のある南側駐車場は27台分

※VR写真なので画像をスワイプすると、好きな箇所が見れます

 

開通式典に使用されたテント等の撤去が終われば、北側駐車場は23台+大型2台分使用可能となります

北側駐車場に停めた際は、連絡通路を利用しよう

国道325号線は非常に交通量も多いので、道路の横断は非常に危険!

北側と南側と繋ぐ連絡通路がありますので、こちらを使用しヨ・ミュール展望所に行きましょう!

 

連絡通路の景色はこんな感じ♪

ヨ・ミュール展望所の景色を堪能!

新しく開通した阿蘇の景色を一目見ようと、多くの人達が訪れた展望所の名前は

ヨ・ミュール

「よく見える」という方言をいじって名付けられました

そのヨ・ミュール展望所からは、

熊本県民が待ち望んだ新阿蘇大橋の全体像や、

今までお世話になった長陽大橋を上から見下ろすことも!

名前に負けない素晴らしい景色が「よー見ゆる」ことが出来ました!

更に天気が良ければ、熊本市内を眺望することも出来るのだそうです

新阿蘇大橋を渡ってみよう!

せっかく来たのでヨ・ミュール展望所から橋を渡り、立野方面へ歩いてみました

ちなみに新阿蘇大橋は全長525メートル、206メートルあった旧大橋の約2.5倍あります

橋を渡る途中には数鹿流ヶ滝を見ることも!
反対側には歩道が無いため、遠目で見るしか出来ないのが残念

やはり今回注目しておきたいのが橋のつなぎ目

1枚目はよく見るつなぎ目ですが、

こちらはつなぎ目の幅が異常に広い…

実は新阿蘇大橋の直下には活断層があると推定さており、橋脚との接合部の強度をあえて弱めることにより、強い地震が起きれば橋桁がずれて、揺れの力を逃がす仕組みになっています

恐らくこのつなぎ目の幅が広い箇所が強い地震の際には、その仕組部分かと思われます

展望所には休憩所も

新阿蘇大橋を戻り、ヨ・ミュール展望所へ
展望所には、休憩所も設けられてました

お手洗いも完備されてますが、注目して欲しいのは外壁の木材

明らかに年数が経っており、過去に何かに使用した形跡が

実はこの休憩所は、仮設団地の「みんなの家集会所」を移築し、仮設住宅の部材を使用

被災された方々には、特に思い入れのある作りになってます

中には多くの方々からの復興メッセージや、4月25日まで開催されてるスタンプラリーも設置!

また売店は「あそ望の郷くぎの」のジェラートが販売されてました

新阿蘇大橋 まとめ

ついに!ついに!ついに!

開通した新阿蘇大橋!!

またこれで1歩熊本が震災から復興したんだと実感しました!有難う御座います!!

24時間態勢で多くの方が工事に携わったかと思いますが、本当にお疲れ様でした!!

また栃の木交差点にも、多くの方々からのメッセージが設置されてましたよ

タイトルとURLをコピーしました